スリランカ進出支援

2016年のGDP経済成長率4・4%と高い水準で発展を遂げるスリランカは、地理学的に東南アジアからインド、中東、アフリカまでの中継地点に位置し、南西アジアにおける物流ハブ拠点として注目されています。 親日的で穏やかな仏教徒が多い国ですので、日本人と考え方が近く海外進出が初めての方向けの国といえます。

スリランカ都市部

スリランカ税制、情勢最新情報

2019年7月3日

6月スリランカ行ってきました。

6月13日から1週刊ほどスリランカへ行ってきました。空港では1台1台検問がありますし、街中ではホテルや大きなビルなどでは空港なみの金属探知機でチェックがあり、ス…続きを読む

スリランカ進出セミナー案内

2018年11月14日

第1回 スリランカ進出セミナー

スリランカ進出に関する様々なテーマをお話させていただきます。 少人数なので、皆さんで対話しながら、疑問点の発掘や解決を行っていきましょう。 テーマ:私の進出 日…続きを読む

    スリランカ進出に適した業種について

    決まったビジネスモデルが確立していない国ですので、突出して適した業種はなく、多種多様な中小企業が多方面に輸出展開していける土壌があります。 例えば既に進出している製造業社の多くが、部品製造やOEM生産を請け負い、多品種生産、多方面に輸出している傾向があります。

    当事務所の進出支援について

    進出までの流れ

    進出前支援

    • 現地行政機関、現地コンサルタント、現地会計事務所の紹介、及び提携して現地進出のノウハウの提供
    • 投資回収収支計画書策定、進出可否の判断
    進出後支援

    • 現地会計事務所と日本企業との間に入って、現地税務等の課題への取組
    • 子会社等の財務報告書の親会社への報告
    • スリランカへの訪問時に子会社とのコミュニケーションを通じて子会社の問題等解決

    国際税務

    • 進出前から進出後において、常に生じる国際税務支援。

    金融機関様向け情報

    海外進出を希望されてる取引企業様がいらっしゃいましたら是非、ご紹介くださいませ。
    スリランカの将来性など詳しい説明はこちらのパンフレットをご覧ください。
    画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

    スリランカ進出パンフレット

    PDFファイルをご覧になるには「Adobe Acrobat Reader DC」(無償)のインストールが必要です。

    お問い合わせ

    吉本会計事務所 Yoshimoto Tax Services

    兵庫県尼崎市塚口町6丁目8番地の6